Img_d854c342b8e31876504a9f3c722d3ee0
Img_7f6a88e18dfa68e0ecc50793741141f7
Img_2269956d830efaba727f45d60c566c7c
富士フイルムのカラーネガフィルム・フジカラー NATURA 1600が販売終了となりました。

昔はNATURA Sというカメラとこのフィルムによる組み合わせでの撮影を楽しんでいました。
ここに掲載している写真はNATURAで撮影したものです(現像時にデータ化もしてもらっています)

ちなみに、NATURA Sとはこういうカメラです→  (Click!) 

カメラ店まで行って現像に出しに行かなければならない・・・・・・ということが結局めんどくさくなり、長らく撮影は行なっていませんでしたが、フィルムの販売終了を受けて、今のうちにもう一度取り組んでみようかと思う今日この頃です。

タイトルの「fast food,slow shutter」は、NATURAで撮る際のシリーズ名、作品名です。ファストフードのように気軽に、ふだんの(デジタル一眼での)作品撮りよりもスローなペースで撮影を楽しむ・・・・・・という気持ちで付けた名前です。

「slow shutter」に関しては、「スローライフ」に引っかけている部分もありますので、「slow photo」の方が正しいのだと思いますが、語感の良さで「slow shutter」にしています。

現在、手元にあるフィルムは、カメラの中に1本、未開封のものが2本あります。作品撮りの合間合間に撮って、月に1本、入手できなくなるまでこのペースで続けて、最終的には1冊にまとめることができたら良いなと思っています。
Img_79eebef74cdf4b9b1a123c2000a988b5
Img_9bf6b601393ed8cf1826eb50279c2d83
シグマのズームレンズ・17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを購入しました。

メインの写真は6DにEF85mm F1.8 USMで撮影していますが、それ以外の写真を撮る場合にズームの方が便利だろうと思ったことが今回の購入の動機です。

購入価格が29,800円、先日まで使用していたキヤノンのEF35mm F2 IS USMの下取り価格が29,700円。100円での購入です。

APS-C専用レンズで、27mm~80mm相当の画角をカバー、そしてF2.8通し、手振れ防止機能付きです。

7年前に発売されたレンズとはいえ、ずいぶん安いものだなと思い、購入前には念のため様々なレビューに目を通しました。「描写には問題なく、何よりコストパフォーマンスに優れている」というのが大方の感想のようです。

最終的には、このレンズで撮影した写真が掲載されているPHOTOHITOのサイトを見て、購入を決めました。

EF35mm F2 IS USMはあまり手放したくなかったのですが、うまくやり繰りしていかないときびしいので(笑)

Img_b944e38ad3b1aacec324ff028df2376a
Img_9d238b57a3daf12607f4c2b91e036453
Img_d33bfe5183c556c31c47affd3d533f8c
新作の製本作品「cozy」が完成しました。CDブックレットサイズ、ハードカバー、100ページの中に85点の写真を収めています。写真は9割方iPhoneで撮影(一部はEOS M)LINEカメラとInstagramで調整、仕上げをしています。

新作と書きましたが、撮影自体は4年前に行なわれたものです(笑)

この作品はモデルの人と共作という形で取り組みました。当初のコンセプトは「架空のガールポップユニットの、架空のCDアルバムのブックレット」というものでした。別な撮影の時にたまたまガールポップ、エレクトロポップの話で盛り上がり、この企画が生まれました。

ただ、今回は当初のコンセプトを離れた形で製本しています。理由は単純に、コンセプトに沿った形にすることが難しかったからです。今だったらもう少し綿密に、製本の内容を想定して撮影のプランを練るかと思います。この辺は、僕の力量不足です。

そんなわけで長らく作業を中断していましたが、写真自体はとても気に入っていたので、とにかく自分なりにまとめてみようと思いました。コンセプトからは離れていますが、とてもチャーミングな本に仕上がったと思います。

iPhoneで撮影したのは、Instagramでの仕上げを考えていたからですが、こういう雰囲気の写真をなぜかカメラで、ファインダーをのぞいて撮ることができないのです。ファインダーをのぞくと、モデルのみに集中してしまうからです。液晶画面だと全体の画を見ることができます。

この撮影の後半でEOS Mを買い、一部の写真はEOS Mで撮りました。今ならEOS MとFlashAirで撮影するのか・・・・・・でも、iPhoneで撮ってすぐにInstagramで仕上げるテンポの良さ、カジュアルさが活きている部分もあるのかなと、思ったりもします。

写真を始めたそもそもの動機は「かわいい、ちょっとオシャレな写真を撮って楽しみたい」というものでしたが、iPhone、Instagramによって当初の思いが形となり、今回の作品にもつながりました。今回の作品が形になったのは、一緒に取り組んでくれたモデルさんのおかげです。アイデアを出してくれたり、準備をしてくれたり、撮影のためにスケジュールを合わせてくれたり、積極的に関わり、撮影を引っ張ってくれました。

こういう共作という形での撮影を、一緒にやってくれる人がいれば今後もたまにはやりたいものです。