Img_965d24f87b26fe78d4c8056e3f110929
中古のX-E1を買った話を先日書きましたが、このたび、ついにX-T2を購入しました。グラファイトシルバーエディションと、レンズはXF35mmF2 R WRです。

キヤノンの機材はすべて下取りに出しました。

下取り価格が約18万5千円。X-T2とレンズ、小物類を合わせた合計が約23万円ちょっと。5万円弱の差額は分割払いにしました。

ボディ色はコストの部分でブラックも考えました。XF35mmF2 R WRとの組み合わせなら下取り価格でお釣りがきますし、XF50mmF2を足しても約22万円です。

でも実機を触ってみて、やはりグラファイトシルバーに惹かれている自分がいました。長く使うつもりなので、妥協はしない方が良いかなと思いました。

初代EOS Kiss DIGITALで一眼レフデビューを果たして以来、メインの作品撮りは14年間キヤノンひとすじできました。下取り査定に出すため機材を箱に戻しているときは、少し感傷的な気分になったり、「本当にこれらを手放すのだろうか?」と自分でも不思議な気持ちになりましたが、査定を終え、X-T2を注文し、全ての機材をお店に置いて出てきた瞬間は何だか清々しい気持ちになりました。

キヤノンのカメラは撮影の道具として信頼できるものでした。いくつかの機種を使ってきましたが、様々な撮影で活躍してくれました。キヤノンのカメラはすぐれた「道具」「システム」だったと思います。

Xシリーズもすぐれた性能を持っていますが、それとともに嗜好品として愛着の持てる部分もあります。触っているだけでも楽しく、時間があれば写真を撮りに出かけたくなるような、そういう魅力を持っています。それは、今後の写真との向き合い方を変える可能性もあります。

キヤノン機を使っていた頃には感じなかった戸惑いや不満も出てくるかもしれませんが、X-E1でもとくにストレスを感じませんでしたので、上位機種のX-T2はきっと大丈夫だろうと思っています(たぶん)

今回X-T2購入の決め手となったのは、X-E1の試用でした。機種も世代も異なりますが、中古機が2万円程度で買えます(レンズも中国製のMFレンズなら新品で1万円で買えます)ので、Xシリーズの入口を体験するには良いと思います。