Img_f95cf51336eb5fd251f7a51a9088f135
Img_569ec3d48c2e1d9efa8cecaeb77da62b
Img_03d480a1b73906fc49049a2000e0d3d3
富士フイルムのXシリーズが気になると先日書きましたが、お試し用と割り切ってX-E1を購入しました。

・X-E1 ボディ(中古) ¥16,380
・ヘンイージア 35mm F1.8(新品)¥10,800
・互換バッテリー2個セット ¥1,580

合計¥28,760

3万円弱でXフォトグラファーデビューです(笑)

型落ち機ではありますが、Xシリーズを使ってみてのかんたんな感想を書いてみます。

・ほどよい大きさ。印象に残るデザイン。
個人的には気軽に持ち出せて、なおかつ撮影時の操作にもストレスを感じないサイズ、重さだと思います(重さはレンズにも左右されると思いますが)。首からぶら下げて行きつけのカフェに入ったところ、レトロっぽいデザインにお店の人がすかさず反応してくれました。レトロデザインのデジタルカメラにあざとさを感じていたときもありましたが、X-E1を実際にいじっていると愛着がわいてきます。

・操作は「慣れ」の範囲
届いた日にいろいろ触って、わからない部分は説明書を読んだりネットで調べたりしましたが、1日でだいたい慣れました。とくにストレスを感じることはありませんでした。

・EVFが便利
マニュアルで露出を決めるので、リアルタイムで露出を確認できるのは便利です。そしてMF時のピーキング、拡大機能はピント合わせの不安を軽減してくれます。個人的には、このピント合わせの不安の軽減が大きいと思いました。

・気持ち良いシャッター音、感触
個人的な感覚です。キヤノン機のときはAEブラケットで連写していましたが、X-E1では1枚1枚シャッター音、感触を確かめながら撮りたくなります。
(一緒に買ったレンズがMFレンズであること、EVFでリアルタイムに露出を調整することも相まって、撮影自体のテンポがゆっくりしていることも影響しています)

3万円弱でここまで使えるなら充分、と寛大になっている部分もあるかもしれませんが、使っていて楽しいカメラだと思いました。これを受けて、キヤノンからのマウント替え、具体的にはX-T2の購入に大きく気持ちが傾いています。